2社間と3社間のファクタリングを比較

subpage01

売掛債権を譲渡して素早く現金化する仕組みであるファクタリングには2社間取引と3社間取引があります。


それぞれに異なるメリットとデメリットがあるので、比較して自社の状況に合ったものを選ぶことが大切です。
各ファクタリング会社によってもサービスや手数料に違いがあるため比較しながら使いやすい会社を探すとよいでしょう。

素敵なファクタリングの比較情報探しのサポートをいたします。

2社間取引はファクタリング会社と利用者だけが当事者になるので、売掛先に通知されることはありません。売掛金は利用者自身が回収してファクタリング会社に引き渡す必要があります。

利用者が倒産したり使い込んでしまうと貸し倒れになるリスクがあるため、手数料の相場は売掛債権額の6%から40%ほどと割高になっています。



2社間取引は売掛先の承諾を得る必要がないので即日での現金化が可能というメリットがあります。

取引先に自社の経営状況を知られたくない場合や、素早く資金を調達したい場合におすすめの方法です。

3社間取引は売掛先へ通知を行い承諾をもらわなければならないので、現金化までに3日から1週間ほどかかります。

売掛金は直接ファクタリング会社に支払われるため自社が回収する必要がなく、貸し倒れのリスクもないため手数料は低く設定されています。一般的に3社間取引の手数料相場は売掛債権額の1%から6%ほどとされており、なるべく手数料を抑えたい場合におすすめの方法です。



2社間取引と3社間取引にはそれぞれ異なるメリットとデメリットが存在します。
両者のメリットとデメリットを比較して、自社の状況に合ったものを選ぶとよいでしょう。

ファクタリングの比較コラム

subpage02

ファクタリングで特に重要なのは、信頼性です。怪しい会社を利用すると、トラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。...

NEXT

ファクタリングの比較の学びたい知識

subpage03

会社や個人事業主のうち「現金がない、でも売掛債権ならある」という場合、ファクタリングの活用は大きなメリットがあります。なぜなら、スピーディーな現金調達ができるからです。...

NEXT

ファクタリングの比較の情報まとめ

subpage04

ファクタリング会社を利用して資金調達する場合は、それぞれの会社をよく比較検討して自社に最適なところを選ぶ必要があります。ファクタリングサービスを行っている会社はとてもたくさんあります。...

NEXT

これからのファクタリングの比較

subpage04

ファクタリング会社は銀行系やノンバンク系、独立系の三つに分けることができます。この三つを比較してみると、銀行系は高い信頼性と割安な手数料が魅力的で、3社間取引がメインとなっています。...

NEXT