ファクタリングの比較ポイント

subpage01

ファクタリングで特に重要なのは、信頼性です。
怪しい会社を利用すると、トラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。

ファクタリングの比較に出会えて満足です。

闇金業者もこのサービスに参入してきていると言われています。


偽装ファクタリングと言って、売掛債権の買取にみせかけて、実際には高金利で貸し付けを行う悪徳業者も存在するので注意が必要です。
そういった悪徳業者のほとんどは無登録・違法です。



安い手数料をうたって宣伝をし、なにかと難癖をつけて高い金利に引き上げるという手口に騙されないようにしましょう。手数料だけで比較をしていると、そういった手口に騙されやすいです。
信頼性を特に重視するようにしてください。



ファクタリングを利用しなければならない企業は、資金操りが悪化している状態にある傾向です。資金調達までのスピードも重要な比較ポイントとなります。対応スピードは会社によって異なります。


即日審査と即日振込では意味が異なるという点にも注意が必要です。即日にこだわりすぎると選択肢が減るので、余裕をもって申し込みをすることが大切です。手数料を重視するなら、3社間ファクタリングのほうが圧倒的に安いです。

3社間では取引先企業の同意書が必要になるので、最低でも3日程度かかります。

スピードを重視するなら、手数料が高くても2社間のほうを選ぶべきでしょう。
日本では2社間ファクタリングのほうが主流であり、3社間のサービスは取り扱っていない会社もあります。

2社間か3社間かによっても比較ポイントは変わってきます。